ガーデンイルミネーションの飾り方や電気代はいくら?費用を考えたおすすめ電飾

ガーデンイルミネーションの飾り方や電気代はいくら?費用を考えたおすすめ電飾 冬イベント

ハロウィンが終わると街は、クリスマスに向けてのイルミネーション一色に変貌します。

中には、自宅を自分好みのイルミネーションで装飾する人も少なくありません。

ガーデンイルミネーションは、ただ闇雲にやってもゴチャゴチャとした印象になってしまうので、ポイントを抑えることが大切です。

今回は、ガーデンイルミネーションのコツについて紹介します。

ガーデンイルミネーションの飾り方は?

最初にご紹介するのは、ガーデンイルミネーションの中でも基本とも言える樹木への装飾です。

樹木へ電飾を取り付けるポイントは、

・下端の高さを揃える
・枝の先端まで電球が付くように止める

この2点になります。

下端の部分は目立たないからいいのでは?と感じるかもしれませんが、不揃いな状態で取り付けてしまうとライトアップした時に見た目の印象が悪くなってしまいます。

枝の先端まで電球を取り付けるのは、樹木の大きさをしっかりと伝えるためです。

ライトアップをするとその部分だけが強調されるので、中途半端な位置に付けてしまうとせっかくの大きな樹木がスケールダウンして見えてしまいます。

複数の樹木にコードを繋げる装飾をする人もいますが、このやり方も全体の大きさが伝わらなくなるのでおすすめはできません。

管理人
管理人

枝にS字フックを取り付けてそこにコードを引っ掛けるようにすると、枝から光が零れ落ちているかのような演出ができますよ。

装飾のスイッチ類は、できるだけ地面に近い所に設置して目立たないようにするのがポイントです。

イメージとしてはこんな感じです。

置物を使う時のコツ
置物の装飾を飾る時は、土台を作って安定を図ることがポイントになります。

地域によっては、強風や積雪の影響を受けることも珍しくありません。

装飾を支える土台さえしっかり作っておけば、朝起きたら倒れていたなんてこともなくなります。

こんなのがお勧めです。

自宅の壁や窓の装飾

壁や窓は、スペースが広いので飾る人のセンスがそのまま出ます。

あれもこれもと付けててしまうと、ゴチャゴチャした印象になってしまうので、最初にコンセプトを決めて統一感を出すのがポイントです。

人によって受ける印象は違いますが、私は家中に装飾をしてしますと、色々と主張し過ぎな印象を受けます。

こんな感じで統一感を出すと、パッと見で作り手の意図が伝わりやすいと思います。

ガーデンイルミネーションの電気代はいくらくらい?

ガーデンイルミーションを楽しむ上で、気になる人も多いのが電気料金です。

シーズン期間中は毎日ライトアップするわけですから、高額になってしまうのでは?と不安になってしまいますよね(^_^;)

私の友人にも自宅でガーデンイルミネーションを行っている人が何人かいますが、装飾だけで2万円近く掛かると言っていました。

さらにエアコンを含めた自宅で使う通常の光熱費を加えると、トータルの電気代は3~4万円電気代になるそうです。

ただし、これは先程ご紹介した家中を電飾で着飾った場合の話で、通常であればその半分以下で抑えられると考えられます。

ちなみに、

消費電力(W)÷1000×使用時間×1kWh

という計算式で、おおよその金額を出すことは可能です。

ガーデンイルミネーション|費用はいくらくらい?電気代を抑えたおすすめ電飾

ここからは、自宅でガーデンイルミネーションを楽しむ人に最適な商品をいくつかご紹介します。

LEDイルミネーションライト ネットライト

壁などの広いスペース向けで、防水仕様になっているので雨や雪が降ってもショートする心配はありません。

Salcar USB式 LEDイルミネーションライト

玄関先などにピッタリの電飾でインテリアとして1年を通して使えます。

おしゃれ クリスマス ライト ツリー

リモコン付きで、自宅に居ながら8パターンの点灯を自由に変えることができます。

ソーラーイルミネーション LEDイルミネーションストリングライト

銅線は自由に形を変えることができるので、どの植木にも簡単に巻き付けられます。

ガーデンイルミネーションに掛かる費用は、規模や使うアイテムによって金額は様々です。

全体を隙間なく装飾で埋め尽くすレベルになると50万円~100万円くらいになりますが、部分的に装飾する程度なら10万円以内で納めることもできます。

1度購入してしまえば何年も使い続けられるので、先行投資と考えればそれほど大きな出費でもないのではないでしょうか。

50万以上はでかすぎですが(;^ω^)

電気代を少しでも抑えたいという人は、工夫が必要です。

・使用する電球をLEDにする
・電球の数を極力少なくする
・1日のライトアップ時間を制限する

などが考えられます。

これらの努力で、ライトアップに掛かる1ヵ月の電気代を1000円以下に抑えることもできます。

自宅に太陽光発電の装置が設置されている家庭ならば、ソーラーLEDを使うことで電気代を0円にすることも可能です。

需要の増加に伴ってイルミネーションの装飾を行ってくれる業者も増えていますが、こうした業者は作業料金、出張費など余計なお金が掛かってしまいます。

できる限り自分達で行うのが、費用を抑えるコツです。

まとめ

ガーデンイルミネーションはライトアップによって夜間でも明るくなることで防犯対策としても役に立ちます。

しかし、全ての人がイルミネーションに好意的な印象を抱いているわけではありません。

ライトアップが眩しくて生活ができない!という苦情で近隣トラブルになるケースもあるので、事前に周囲の了解を取っておくことを忘れないでください。

タイトルとURLをコピーしました