花粉症だとコロナにかかりにくい⁈真相や注意点も!花粉症の方が危険の理由 | ままほび

花粉症だとコロナにかかりにくい⁈真相や注意点も!花粉症の方が危険の理由

花粉症だとコロナにかかりにくい⁈真相や注意点も!花粉症の方が危険の理由 季節の悩み
スポンサーリンク

年が明け春が近づいてくると頭を悩ませる人も多いのが、花粉の飛散です。

2021年は昨年に引き続き花粉に加えて新型コロナウイルスの対策をしなければいけませんが、現在インターネット上で花粉症の人は感染のリスクが低いといった意見も飛び交っています。

それは本当なのでしょうか。

にわかに信じられない(;^ω^)

そこで今回は、花粉症と新型コロナウイルスの関係性や情報の信憑性について調査してきました。

実は花粉症の人の方が危険⁈

スポンサーリンク

花粉症だとコロナにかかりにくい⁈真相

花粉症だとコロナにかかりにくい⁈真相や注意点も!花粉症の方が危険の理由

「花粉症の人は新型コロナウイルスに感染しにくいのではないか」という話を耳にしたことがある人もいあるかもしれません。

こうした話が出始めた理由は、アレルギーとウイルスの関係性が理由です。

専門家のこれまでの調べで気管支喘息を患っている人は、健康な人に比べて新型コロナウイルスの感染率が低いことが明らかになっています。

管理人
管理人

現時点で明確な理由については判明していませんが、アレルギーに関する物質がウイルスを体内に侵入させるのを難くしているのではと考えられています。

もしこの考えが正しければ、花粉症もアレルギー症状の一つなので同じように感染率が低くなるということです。

とはいえ、アレルギーがあるから100%感染しないというわけではなく、あくまで確率が下がるというだけなので油断はできません。
管理人
管理人

自分は花粉症だから大丈夫~などと油断してマスクを着用せずに外出をすることは避けてください。

さらに専門家の意見としては、このようなことを見解しています。

スポンサーリンク

花粉症の方が危険⁈理由や注意点は?

専門家は新型コロナウイルスは、花粉症の症状を患っている人の方が感染のリスクが高くなると見解を示しています。

その理由の一つが、花粉症の人が無意識のうちにいくつかの動作です。

花粉症は、体の中に侵入した花粉に対して細胞が過剰にアレルギー反応を起こすことで発症すると言われていて、発症した時に起こる主な症状に"目のかゆみや充血""くしゃみ""鼻詰まり"などがあります。

目のかゆみを感じた時に無意識のうちに目をこすってしまう人もいますが、この時に万が一手にコロナのウイルスが付着していた場合、目から体内に侵入して感染してしまうことがあるそうです。

鼻詰まりの解消をするために、マスクを外して鼻をかむ時も空気中に飛散しているウイルスを吸い込んで感染してしまうことがあります。

私は生まれた時から一度も花粉症になった経験がありませんが、周囲にその症状に悩んでいる人はたくさんいるので間接的に辛さは理解できるので、我慢しろとは言えないですが(;´・ω・)

目のかゆみの症状が出た時は、例え消毒ができていても手でこするようなことはせずに、目薬などを使って和らげる。
鼻詰まりの解消で鼻をかむ時は、周囲に人がいない場所でマスクを外してできるだけ短い時間で済ませる。

こうした対処をすることで感染のリスクを下げることができます。

スポンサーリンク

花粉症とコロナの見分け方

花粉症だとコロナにかかりにくい⁈真相や注意点も!花粉症の方が危険の理由

新型コロナウイルスと花粉症の判断がしづらいと言われる大きな理由が、似たような症状を発症することです。

もし先程の症状が出た場合、まずは倦怠感の現れている場所を探るのがポイントと言われています。

花粉症では、主に頭部や鼻の周辺に倦怠感が集中するのが特徴です。

一方で新型コロナウイルスの場合は、体全体に倦怠感が現れます。

そして新型コロナウイルスと花粉症のもう一つの共通点が、嗅覚異常です。

新型コロナウイルスに感染をすると食べ物や飲み物を口に入れた時に何も感じないという症状が出始め、これがきっかけで感染を自覚する人も少なくありません。

花粉症でも同じように味覚がなくなりますが、花粉症の場合は単純に鼻が詰まっていることが原因です。

もし味覚が無くなった時に鼻詰まりを起こしている場合は、処方された薬などで詰まりを解消した上で再度試してみるといいですね。

管理人
管理人

詰まりが解消されている状態で味を感じれば花粉症、何も感じなければ新型コロナウイルスに感染している可能性があるかもしれないということです。

そのほか、新型コロナウイルスでは発熱の症状が現れます。

花粉症では発熱が起きるのは稀です。

咳や倦怠感などの症状が起こり始めたら、すぐに体温を計測するのも有効な見極め手段になります。

《見分け方ポイントまとめ》

【花粉症】
主に頭部や鼻周辺に倦怠感が集中する
鼻がつまったことによる嗅覚異常
花粉症で発熱するのは少ない

【新型コロナ】
全体的な倦怠感
鼻がつまってないのに嗅覚異常
発熱がある

スポンサーリンク

まとめ

花粉症の代表的な症状のくしゃみは、飛沫による感染拡大を引き起こすリスクが高くなります。

コロナ慣れで着用をせずに外出する人も増えていますが、マスクは自分を感染のリスクから守るだけでなく他人に感染させない意味もあることを忘れてはいけません。

暖かくなると蒸れや息苦しさで外したくなる気持ちもわかりますが、花粉症の症状を持っている人は、外出時にマスクの着用を忘れないでくださいね。

季節の悩み
スポンサーリンク
Facebookページはこちら
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
ままほびをフォローする
ままほび
タイトルとURLをコピーしました