スポンサーリンク

バレンタインデーは誰が作ったもの?由来や意味について調査!

バレンタインデーは誰が作ったもの?由来や意味について調査! 冬イベント
スポンサーリンク

2月になると男性達がそわそわし始めたり、急にかっこよくなったりと、気合が入っている感じが学生時代等にありませんでしたか?

2月14日はバレンタインデー!

女性から沢山バレンタインのチョコを貰いたい、本命の子から貰いたい、彼女や奥さんから貰いたい等様々な理由で、男性も女性も気合が入る日でもあります。

そのバレンタインデーですが、ではいったい誰が作ったのか、由来や意味や、相手にプレッシャーを与えない方法等バレンタインデーを幸せに過ごすために色々とご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

バレンタインデーは誰が作ったもの?

バレンタインデーは誰が作ったもの?由来や意味について調査!

バレンタインデーは、2月14日にチョコレートを好きな男性に渡すという、国民的イベントとなっています。

管理人
管理人

今じゃ、友達同士で交換したり、ご褒美で自分に買うってのも普通になってきたよね。

本来のバレンタインデーは、欧米からできたものです。

日本でバレンタインデーにチョコを渡すようになったきっかけを作ったのは、神戸の洋菓子店「モロゾフ」です。

しかし、日本で2月14日に女性が男性にチョコレートを贈るイベントとして定着するまでには、約30年の年月がかかりました。

その30年の起源を遡ると、約80年前のエピソードに辿り着きます。

1931(昭和6)年、西洋文化の洗礼を受けた港町・神戸で誕生した「モロゾフ」は、おしゃれでハイカラなチョコレートの製造販売を始めました。

そして、翌1932(昭和7)年にハート型のバレンタインチョコレートを日本で初めて発売しました。

さらに、1936(昭和11)年2月12日には、英字新聞に日本初のバレンタイン広告を掲載します。

その広告には、「バレンタインデーにはチョコレートを」というコピーを掲載したのです。

日本でも2月14日が「チョコレートで想いを伝える愛の日」になってほしいと願った「モロゾフ」は、愛とロマンに満ちたメッセージをその後もチョコレートに託して発信を続けていきました。

その発信の背景には、「モロゾフ」創業者が米国の友人を通じて、2月14日に贈り物をする欧米の習慣を知ったことが、日本式のバレンタインの発祥の由来と言われています。

管理人
管理人

つまり、日本で最初にバレンタインを定着させたのは、お菓子で今も有名な「モロゾフ」の創業者だったというわけですね!

スポンサーリンク

バレンタインデーの由来や意味は?

バレンタインデーは誰が作ったもの?由来や意味について調査!

バレンタインデーまたは聖バレンタインデー・セイントバレンタインデーは、キリスト教圏の祝いで、主に欧米で毎年2月14日に行われるカップルの愛の誓いの日とされています。

古代では多神教の祭日であった元々269年にローマ皇帝の迫害下で殉教した「聖ウァレンティヌス(テルニのバレンタイン)に由来する記念日」だと、主に西方教会(ローマ・カトリック教会)の広がる地域においてかつて伝えられていました。

この日、欧米では多くの男性が恋人や妻などにプレゼントを贈ります。

管理人
管理人

家族や親友などと祝う人もいます。

元々はイギリスから来たもので、今でも海外では男性が女性にバラや花を送る日とされています。

スポンサーリンク

バレンタインデーはプレッシャー?!理由は何?

バレンタインデーは誰が作ったもの?由来や意味について調査!

愛を確認しあうバレンタインデーですが、男性も女性もプレッシャーを感じることはありませんか?

★:女性は男性に喜んでもらえるものを
★:男性はホワイトデーにお返しで喜んでもらえる物を用意しなければ

と、プレッシャーになってはいませんか?

そんなにプレッシャーに感じることはありませんが、中にはバレンタインデーにプレゼントをもらった男性が逆にプレッシャーを感じてしまう人もいるようです。

その理由がこちら。

1、市販チョコじゃないの?手作り小物は正直、重い……
2、財布や時計も嬉しいけど……やっぱりバレンタインはチョコがいい!
3、高級チョコレートは、「ホワイトデー」のお返しを期待されている気分に…

ですが、そこはそんなに重く考えなくてもいいのではないでしょうか。

女性は元々何か料理や手作りで編み物をするのが趣味だったり、せっかく趣味でも中々作る機会がないため、たまたまバレンタインだから!と、得意なことをしている可能性もあります。

それで、相手に喜んでもらえたらと考えているだけかもしれません。

管理人
管理人

本音は本人に聞いてみなければわかりませんが、あくまでバレンタインは、楽しむ日であり、苦しむ日ではありませんからね!

スポンサーリンク

バレンタインデーで相手にプレッシャーを与えない方法

しかし、相手がプレッシャーに感じているのであれば、こちらとしても気を使ってしまいます。

そこで、プレッシャーを与えない方法はあるのでしょうか。

男性から女性へチョコレーを催促してプレッシャーを与えない

女性もあまり期待されると、手作りチョコレートを上手に作らなきゃいけなくりますし、ラッピングも手を込んでしないと、と考えてしまいます。

さらには、「手作りは苦手だからその分有名なチョコレート店の高級チョコレートにしなきゃ!」と思ってしまうかもしれません。

男性も実は女性にプレッシャーを与えていることがある、ということを忘れてはいけません。

プレッシャーを与えないようにするには、催促をしつこくするのはやめた方が無難です。

女性から男性へのホワイトデーのお返しのプレッシャーを与えない

女性は、好きな人の為なら頑張ってチョコレート作りをしたり、長蛇の列のまさに戦のような場のチョコレート売り場にも行く場合もあります。

それを、あたかも武勇伝のように、「すっごい並んだんだからね!」「とっても頑張ったんだからホワイトデー期待しているよ!」などは、言わないように気を付けたほうがいいです(笑)

軽く「ホワイトデー期待してるよー」と笑いながら言う分にはいいかもしれませんが、真剣に言われたら、せっかくの愛の日のバレンタインデーが台無しになってしまいます。

あくまでもそれは、自分の中に閉まっといて、男性にはホワイトデーを期待しているということを感じさせないようにするのがベストではないでしょうか。

楽しい幸せなバレンタインデーにしたいと思うので、素直な気持ちでお互いいれば、プレッシャーを感じることは少なくなります(*^_^*)

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか?

今では「モロゾフ」以外もどのお菓子メーカーもバレンタイン戦線に乗っているので、バレンタインはお菓子会社の戦略だと思っていた人も、間違いではなかったのです。

バレンタイン戦線に乗っかるのはいいと思いますが、そこに闘争心までも買う側、もらう側も持つ必要はありません。

普段は見ないような、バレンタインデーならではの可愛いお菓子やグッズなどを買ったり、用意をしたりして、素敵なバレンタインデーを過ごしてくださいね。

スポンサーリンク
冬イベント
スポンサーリンク
Facebookページはこちら
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
ままほびをフォローする
ままほび
タイトルとURLをコピーしました